ダイエットを行う旨の内心表明

 こちらはダディ勤め人だ。55年代。前年3月額、ウエイトが80kgを越したためこれはまずいと捉え、ちょうどその頃雇用をしたのをきっかけにダイエットを内心しました。身長は179cm。概念は基準ウエイトです70.49kg。
 それでは自分にプレッシャーをかけるために身寄りに関してダイエットを行う旨の内心表明をしました。そうしたらダイエットガイドを買収。読み始めましたが、あまりにも煩わしいストーリーであったので、ストーリーを略語し、不可欠と思われる目次のみを実践しました。それでは減食。そのガイドによると糖類を数多く採り入れるため肥える原因となるようです。したがって食事の量を燃やすことから始めました。朝飯は今まで二飯台食べていたお米を、少し高めの一飯台に切り落としました。その分副食を大方採り入れるようにしました。殊に野菜類を多めに摂りお腹を膨らませるようにしました。ランチは恋人に作ってもらったおにぎり3個と副食でしたが、大きめのおにぎり2個に変更しました。慣れて来ると普通のがたいのおにぎりで足りるようになりました。夜は今までも食事は食べず、ビールってつまみだ。したがって今まで通りだ。ちょくちょくする外食時代(休日の週間2回のランチが主)は、あまりスペシャルをすることはしません。ラーメンなどは大盛りを依頼します。外食する時位は辛抱したくないものです。それくらいは自分にご褒美をあげます。
 次にムーブメント。通勤時代、約2kmいる駅舎までの由縁を赴きも舞い戻りも日々歩いてある。時間的に往路約半。ただあるくだけでは途切れるので、楽曲やためになるおしゃべりなどを聞きながら駆け回ります。慣れて来ると旬の揺らぎなどを肌で感じることができるので、至って興味深いタイミングだ。ただ。土砂降りのお天道様などはバスで通勤します。土砂降りのなか傘を差しながら歩いても楽しくないですからね。本職も割り方あるくことが多いので毎日平均で17000歩程にもなります。その分休日は徒歩を休めるようにはしていますが、快晴と河原などをぶらり散歩します。あるく分徒歩には負担がかかりますので、別途クリームを塗ってケアしてあげます。一所懸命歩いて得る徒歩に感謝しながら。
 やることといえばそれくらいだ。今朝のウエイトは70.85g。基準ウエイトまで惜しくもだ。それでも焦燥はタブー。しげしげと歳月をかけながら行なうのが成就の秘策だとおもます。ジスロマック

コメントを残す